HaLo diary

童話と音楽が好き。切なくてかわいい音楽が好き。でも聞くより作るほうが好き。
いつか絵本を出してみたい。絵が描けたらいいのになと思う。たまにみんなの前で歌う。
みにくいあひるのこ。

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2009.04.17 Friday

今日は雨だけど

0
    あなたの


    笑ったとこを想像する


    ここにくると、なんだか優しい気持ちになって、


    ずっと

    一緒に笑っててほしいなぁとか、
    笑ってもらえる人でいたいなぁとか


    そういうことを考える。



    面と向かっては
    言ったことないし、

    なかなか会えないけど
    僕がここでそう感じてる

    この幸せな気持ちが
    届けばいいなぁと


    ほのかに思うのでした。


    だから、今きっと

    遠く離れたあなたにも
    なんとなく
    不思議な幸せが訪れているんじゃないかなぁ。

    うん、


    そうだといい。




    2009.04.13 Monday

    not simple

    0
      not simple

      9日に買ったオノナツメ。

      主人公のイアンがハロに似てるといううわさw
      全部読むのに2時間以上かかった。
      好きなおはなしは、読むのが超スローになる。


      イアンは不器用で友達も少なくて、最初から最後までついてない男。

      ちいさいころに離れてしまった姉に会うために旅をする。

      その途中で出会う人たちとの不思議なつながり。
      イアンのこころ。



      イアンは不思議。でもすごく共感する部分がある。
      イアンの抱くまっすぐな姉へのあこがれが、僕はなんだかとてもわかるような気がした。

      僕が母親に抱くあこがれに似ている気がする。


      そして同時に思い出した。今気がついた。



      前に夢で一度だけ会った、もう一人のハロは、とてもイアンに似ている。

      笑ってるけどさみしげで、でも深く深く沈んだ心の奥にやさしい光を纏ってる。

      去年の2月に見た夢で、彼とつながった。




      瞬間、こころがとけて涙が出たのを覚えてる。



      登場人物のジムが言うんだけど、 イアンのこと、

      曇りがなくて自然体で、子供の頃の自分の理想だったのかもって。

      きっと僕もそうなんだと思った。


      自分の理想。  まっすぐで曇りがなくて自然体で、人をまっすぐ愛することができる人。


      けしてハッピーじゃないけど興味があったら
      一度読んでみて。




       

      2009.02.28 Saturday

      無垢なるもの

      0
        無垢なるものは美しいと思う。

        大人になるということは、無垢なる魂の上に、何かの色を塗り重ねて
        まわりの世界との関係を作れるようになるということ。

        同調したり反発したり、カメレオンみたいに自在に色を変えれるちから。


        たくさん色を持ってる人や、色数は少ないけど色味の深い人、
        よく見えない人、透明に近い人、
        いろんな人がいるけど、たぶんほんとうは色を塗る前の無垢なる心が
        ある。

        人それぞれ違っているんだと思うけど、
        僕は自分のこころの奥のほうに、とても好きな場所がある。

        それが音を奏でてくれる。

        だから、できるだけ、無垢なるものの響きを表現したい。


        言葉でも、音楽でも。


        無垢なるものはうつくしい。



        この色を、だれかと共有できたらすばらしいな。


        優しいオレンジの光に照らされた水面は、静かな暗闇と
        グリーンの波紋がゆれてる。


        波が作るゆらぎは、とても気持ちがよくて、
        ゆっくりとおだやかなきもちになる。

        いつもそういう気持ちでいられたらいい。


        そしたら、人に優しくできるのかもしれないな と思った。




        もう少ししたら春が来るんだね。




        2009.02.20 Friday

        レコ第一段階終る。

        0
          まだまだアレンジ力が未熟で、アレンジに
          ほとんど手が入ってない荒デモの状態ですが
          なんとか歌レコーディング第一段階終りました。

          自分的にはものすごいいい曲ができたと思ってます。

          みんなのことを想って書きました。

          作ってるときみんなの顔が浮かびました。

          大好きで大切な友達たちや、今は遠く離れてしまった人、
          今度結婚する親友、僕のことを気にとめてくれたたくさんの人たち。

          守りたい母親の顔、 大嫌いな父親の顔、
          大切にできなかったおばあちゃんと
          おじいちゃんの顔、いろんな人達の顔全部。


          僕のことを好きだと言ってくれた人、
          僕のことを嫌いだと言った人、
          僕が好きだった人のこと、
          僕が大嫌いだった人のこと、
          ぜんぶ、ぜんぶ大切な出会いだった。


          全部が大切な出会いだった。
          そして、これからもたぶん大切な出会いなんだと思う。


          それに気がついたから書けた曲だった。


          25日に残りの部分のレコーディングなわけですが、
          それまでほとんど作業できる時間がないので
          ほんとうはもうちょっとアレンジ詰めたいんだけど
          今回はこれで勝負します。

          彼女の歌とピアノとこの歌詞で、
          きっと伝わると願いたい。

          2009.01.24 Saturday

          かきたいこと。

          0
            イッショウケンメイカク_ノズ

            自分が歌う曲ではないのですが、ちょっと曲を作るおしごとがあって、


            恋愛でもない、応援でもない、社会風刺でもない。。。

            どんな詞を書いたらいいかなってここ2週間くらいずっと考えてた。



            それが今、なんとなくわかった。



            うれしいってことを、書きたいんだって思った。


            自分にウソをつかずに、でも誰かに伝えたい思いでもあり、

            きっと伝わってくれるであろう想い。


            これから、とてもキレイな うれしい をかく。




            ▲top